ニキビにボディソープはNG!?オススメ石鹸も紹介!

ニキビにボディーソープはNG?

ニキビの原因は皮脂。

ニキビのことを調べているとそんなコトにぶつかります。

皮脂というのは毛穴の脂のことであり、毛穴に皮脂が詰まることでニキビが発症するのです。

しかし、皮脂には必要な皮脂もあるのをご存じですか?

今回はニキビの敵にも味方にもなる皮脂についてお伝えします♪


皮脂には善玉菌もある


皮脂がニキビの原因なんだから洗い流しちゃえ!

お待ちください!肌には「善玉菌」という良い効果を与えてくれる菌もいるのです。

善玉菌は酸性の膜をつくり、肌を守ってくれています。

この善玉菌がなくなると肌のバリア機能が低下し、感想や肌荒れを起こしてしまうのです。

善玉菌は洗い流してはいけません。

「ニキビの治し方マニュアル」では、ボディソープも使い方によってはニキビの発症につながってしまうことを提唱します。


ボディーソープがニキビに悪いワケ

お肌の善玉菌を洗い流してしまうと、肌のバリア機能が低下します。

このこととボディソープには深い関係があるのです。

<ボディーソープがNGな理由>

・肌に必要な皮脂も洗い流してしまう

ボディーソープや石鹸は肌に必要な皮脂も洗い流してしまいます。脂のない肌は乾燥を引き起こし、傷口からばい菌が入ることでニキビの発症を招きます。

・バリア機能が壊れる

肌をこすることで肌自信がもつバリア機能が低下してしまいます。こちらも乾燥を招き、ニキビ発症の原因となります。

ボディーソープを使うことで、皮脂と一緒に善玉菌も流してしまい、肌の機能は低下してしまいます。

また、実はボディーソープを使わなくてもお湯だけでも落とすのに必要な菌は落ちてしまいます。お肌のことだけを考えるならばボディーソープは必要ないのかもしれませんね。

しかし、お湯だけでは匂いは落ちません。

ボディーソープや石鹸を使って清潔、良い匂いで過ごしたいですよね。

どのようにボディソープを使えばよいのでしょうか?


ボディーソープを泡立てることでバリア機能をキープ

汗やにおいの気になる季節はボディーソープや石鹸は欠かせないもの。

とくに耳や首などの汚れがたまりやすい場所はしっかりと洗い流したいものです。

そんなときは、ボディーソープをよく泡立てて使うのがオススメです!

ごしごしと力づくで肌をあらうのではなく、「泡で撫でるように洗う」ことで肌のバリア機能を保ちながらお肌をきれいにすることができます。

市販の泡立てネット等も使い、泡をたくさんだして優しく洗ってみるといいかもしれませんね。


まとめ

日々の暮らしの中で石鹸やボディーソープは欠かせないものです。

しかし、本当にお肌のことを考えるならば「使わない日」を設定し、たまにはお肌を休ませてあげることが乾燥を防ぎ、ニキビの発症を抑えます。

是非「休肌日」を作ってツルスベ肌をゲットしてください♪

オススメ洗顔用石鹸「NonA」



ニキビの予防に大切なのは洗顔です。そんな洗顔の時に大切なのは石鹸選び。

しかし、どのような石鹸を選べばよいのでしょうか?

しつこい首ニキビの予防に大切なのは洗顔です。

そんな洗顔の時に大切なのは石鹸選び。しかし、どのような石鹸を選べばよいのでしょうか?

「ニキビの治し方」マニュアルでは、洗顔用石鹸として「NonA」をオススメします!

「NonA.」は、7万件以上の相談を分析し、 日本人の肌に会うように開発された薬用ニキビ専用洗顔石けん。

累計販売個数は27万個以上でニキビケア売上はナンバーワンの信頼できる実績を持っています。

添加物は一切使用していません。

特徴は、もちもちの泡立ち。 キメ細やかな弾力泡は刺激に弱いお肌のデリケートな方やアトピーの方にもご使用いただけます。

初回購入特典・返金保証もあり!

初回購入の方にはオトクな特典があります

<初回購入特典>

・NonA. お試しミニサイズ(12g)」

・「泡立てネット」

・「NonA.ローション(10ml)」

・「NonA.ジェル(5g)」

をプレゼント。さらに本製品未開封で全額返金保証付きです。

安心して購入できますね!

薬用ニキビ専用洗顔石けん
「NonA(ノンエー)」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です