ニキビは初期対応が大事!大切な「自然治癒力」を鍛えよう!


ニキビの初期対応と体自然治癒力の鍛え方

高い化粧品を使ってもニキビが治らない!

ニキビが発症したあと、必死でケアしても治りにくいと感じたことはありませんか?サイトで薬の知識得ても、なかなか改善しない…。もうどうでもよくなって放っておいてしまうこともありますよね。


実はニキビは「初期の対応」が非常に大切なのです。今回はニキビの初期対応と大切な体の「自然治癒力」についてお伝えします。

ニキビは火事と同じ!早い段階で消火しよう!

ニキビは火事に似ています。なにかのきっかけで火がつき、すぐに水をかけるなどの対処をすればボヤとしてすこし残るだけで被害を最小限に食い止めることができます。

しかし、しかしモタモタしている間に大事な初期消火の時期を逃してしまうと、みるみる火の手は広がり、消化器を使ったりしても火はとまりません。あとは燃え尽きてなにもなくなり、荒野になることを待つだけです。


ニキビも火事と同じ。初期の段階できちんと自分でケアすれば跡を残さずキレイに治すことができますが、ひどくなってしまうと、デコボコしたニキビ跡になるのを待つしかありません。


ほとんどの人はニキビができても、放ってほいて火の手がかなりまわってから慌てて、「あら、大変だ!」と行動を起こすわけです。ニキビ対策を完璧にするには、最初のボヤの内に処置を正しく行うことです。

ニキビには「自然治癒力」が大切

ニキビは初期対応が大切。ニキビクリームを塗ったりするのも早い方が良いといわれています。しかし、クリームを塗る体が不調だったら何の意味もありません。そんな時に大切なのが体の「自然治癒力」です。


私たちの体にはもともと、自然治癒力が備わっています。怪我をしたときなどに、治りが早いと傷跡がなくなるのも早いですよね。ニキビ治療にもこの自然治癒力が大きく関わっています。


自然治癒力を高めることの近道は生活習慣の見直し。夜更かししたり、ストレスが多い毎日を過ごしたりと身体に負荷がかかる暮らしをしていると、ホルモンバランスが崩れ、自然治癒力もどんどん下がっていきます。


しかし、中々実践するのは難しいもの。暮らしの中で自然治癒力を高めるにはどのようなことを行えば良いのでしょうか?

自然治癒力を高める初期対応は洗顔と食事

ではニキビができたらどのように対処していけば良いのでしょうか?まずニキビに対する初期対応をしっかりと理解し、実践することです。


<ニキビの初期対応>

・洗顔

洗顔法には顔の汚れを落とすという直接的な効果と同時に、刺激を与えて肌のもっている自然治癒力を高める効果があります。

・食事の知識をもつ

食事はニキビと密接に関係しています。ニキビ悪化の引き金になる食べ物をとらないという直接的な効果と、正しい食事によって免疫力を高め、私たちのカラダが本来もっている自然治癒力を引き出すというものです。

ニキビは医者や薬だけに頼って短期決戦で治そうとするのは無理な相談で、大事なのは自分の体の中からニキビやっつけるという姿勢です。私たち人間が本来もっている自然治癒力は、どんな薬にも負けない効き目があります。正しい洗顔と食事という手を打てば、ニキビを治すことができるのです。
不健康で自然治癒力が正しく働かないと、肌のトラブルが続き、ニキビの炎はどんどん広がっていくばかりです。

まとめ

ニキビの初期対応で大切なことは、洗顔と食事。その2つで「自然治癒力」を高めることです。
どんなに効果な栄養クリームやビタミン配合のクリームを買ってきても、また、野菜や果物でパックをしても、効果はほとんど期待できません。


なぜなら、私たちの肌は、通常の状態では表面から栄養を吸収することがほとんどできないからです。肌に栄養を与えるには食べるしかないのです。

正しい食事法は、体の芯からニキビの原因を断つわけですから、ニキビのリピーターになる確率がずっと低くなります。

正しく洗顔と食事を行い、体の内面からニキビを撃退しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です