ニキビを潰す時期は?とオススメ道具4選を紹介!

ニキビをつい手で触ってしまうことがありませんか?

顔にニキビができると、気になってしまい指でぎゅーっと潰してしまう経験があるはず。しかし、強引に潰すとニキビ跡として残ってしまい治療に長い間かかってしまうことになります。しかし、適切な方法でニキビを潰せば跡ができず、ニキビの早期回復につながることもあります。

今回は、ニキビをつぶす時の注意点と適切な道具についてお伝えします。

ニキビをつぶす時期は「白ニキビ」と「黒ニキビ」の時期

ニキビを直す近道の一つとして、正しい方法でニキビの中身を出す方法があります。しかし、ニキビにもつぶすのに適した時期があり、時期を誤ってしまうとニキビ跡として残ってしまったり肌を傷つけてしまったりします。

果物に収穫時期があるように、ニキビにもつまみだす時期があるのです。

ではニキビを潰すのに適した時期はいつか?

答えは、白ニキビと黒ニキビの時期です。この時期は、毛穴の中では皮脂が貯留され、アクネ菌も増殖。ニキビの中にめんぼうが出来上がっているので、ニキビの中身をだすことができるのです。

「白ニキビ」「黒ニキビ」の中身さえ上手に出してしまえば、「赤ニキビ」になる前にニキビを食い止めることができます。しかし、無理やりだそうとしたり、爪の先でニキビをつぶすのは絶対に禁止。肌に傷をつけたり、爪の中のばい菌がニキビに入って、よけいに悪化させる恐れがあります。顔にニキビ跡を残してしまう人の多くは、爪の先でニキビをつぶす癖のあった人なのです。

また、「赤ニキビ」まで発展すると、潰したニキビの傷口が大きくなり、ニキビ跡として残ってしまう可能性が大きくなります。潰すならば「白ニキビ」「黒ニキビ」の時期、これは鉄則です。

ではニキビをつぶすためにはどうすればいいか。その時には正しい道具が必要です。


ニキビを潰すオススメ道具4選

ニキビは正しく潰さないと、跡になり治療に長い時間を費やすことになります。今回は潰すのに適した道具を4つお伝えします。

①    コメドプッシャー

②    先の細いピンセット

③    ニキビ治療用のローション

④    肌色の消毒済みのテープ

こちらの4つの道具を使うことでニキビを上手に出し、キレイな肌を取り戻すことができます。では一つひとつご紹介しましょう。

道具① コメドプレッシャー

コメドプッシャーというのは、金属の棒の先に丸い輪のようなものが付いている道具です。輪の部分を、ニキビの部分に当てることによって毛穴のなかの皮脂がにゅるっと押し出されます。ニキビをつぶすために欠かすことができない道具がコメドプッシャーです。

道具② 先の長いピンセット

もしコメドプッシャーがない場合、先の長いピンセットもニキビを潰す道具として有効です。お風呂あがりの洗顔後の顔がほてっている状態の時、優しく白ニキビをピンセットでつまんで押し出してください。あまり強く押しすぎるとニキビ跡として残ってしまう場合があるので気をつけてくださいね。

道具③ ニキビ治療用のローション

押し出した後は、治療用の薬であるローションが効果的です。傷口に優しく塗り、上からテープをかけることで早期回復につながります。ローションには種類がさまざまあり、ニキビの度合いによってつけるローションもかわってきますので気をつけてくださいね。

道具④ 肌色の消毒済みのテープ

ニキビを押し出したあとは、傷口の上から消毒済みのテープを貼ってください。傷口を外気から守り、ばい菌が傷口に入らないように適切なケアを行いましょう。

ニキビを潰す道具 まとめ

いかがでしたでしょうか?ニキビは潰したくなってもぜったいに手でつぶしてはいけません。適切な道具を使い、正しくニキビを潰すことが早期治療につながります。是非試してみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です