ニキビ跡はなぜできる?第4期のニキビ「ニキビ跡」の原因と段階を公開!

ニキビ跡はなぜできる?第4期のニキビ「ニキビ跡」の原因と段階を公開!

ニキビ跡の原因と種類

ニキビをほったらかしにしていたらいつのまにかニキビ跡になってしまった。

「なんで!?いつのまにか!?」

鏡を見る度にニキビ跡が気になって悲しくなってしまいますよね。
お出かけするときなども化粧品で隠したりしている方もいらっしゃると思います。
しかし、ニキビ跡ができるまでには段階があり、原因があります。
4つの段階をお伝えします。


ニキビ跡ができるまでの第0期~第4期の症状

ニキビには大きくわけて段階が5つあります。

…第0期
ニキビがまだできていない状態

…第1期
小さくぷつぷつができる状態

…第2期
「白ニキビ」「黒ニキビ」ができる

…第3期
痛みを伴う「赤ニキビ」を発症

…第4期
ニキビ跡が残る。

いかがでしょうか?第4期にいたるまでに適切なケアを行わないことでニキビは悪化を続け、ニキビ跡として残ってしまうのです。

しかし、このニキビ跡も症状によって4つに分けることができます。

ニキビ跡の4つの段階

①赤みの強いニキビ跡
ニキビの赤みは残っているものの痛みがほとんどない状態を「赤みの強いニキビ跡」といいます。


お肌の表面のばい菌はほぼ死んでいます。このタイプのニキビ跡は以下の場所にできやすいといわれています。

②シミになるタイプ
「赤みの強いニキビ跡」よりも少し悪化したタイプのニキビ跡です。


黒い色素がお肌に残り、シミになってしまいます。また、お肌の表面の下の真皮の部分にシコリが残る場合もあります。

シミになるタイプのニキビ跡はケアによって治すことができるので安心してくださいね♪

③アテローム形成タイプ
脂肪の塊のことをアテロームといいます。毛穴には必ず皮脂線がセットになっていますが、その皮脂線の出口がニキビ跡に塞がれ、出口を失った皮脂が皮膚の奥にたまっていきます。


こうして脂肪が皮膚の奥に固まってしまうのが、「アテローム形成タイプ」です。このタイプは見た目の炎症はなく、痛みやかゆみもありません。

④でこぼこになるタイプ
ニキビ跡がでこぼこになってしまうタイプがあり、このタイプはでこぼこの深さによって症状が分かります。


深いでこぼこのニキビはニキビ跡の中で最も重症と言えます。

ここまでくるとホームトリートメントやニキビケアでは完治が難しく、専門医による外科療法を受診するしかありません。


ニキビ跡を「シミになるタイプ」にもっていくことが重要

ニキビ跡の中で最も軽症なのが、「赤みの強いニキビ跡」ですが、このあとはでこぼこになるかシミになるかの二択となります。


大切なのはニキビケアを行うことで「シミになるタイプ」へニキビ跡を持っていくことです。

シミになるタイプはニキビケアで治るので症状としては軽症。

「赤みの強いニキビ跡」ができたときに、「シミにすること」をしっかりと意識してケアを行いましょう♪


でこぼこニキビ跡は積極的なケアが必要

4つのタイプのニキビ跡のなかで「赤みの強いニキビ跡」は炎症が続いていますが、それ以外は炎症はほとんどありません。


なぜなら、ニキビとの戦争が終わり、ばい菌も死滅し、お肌に闘いの跡が残ってしまった状態だからです。

その中でも最も重症な「でこぼこになるタイプ」は長期間のケアを覚悟してください。
ニキビで傷ついた肌がきれいに生まれ変わるように、専門的なケアが必要になってきます。

まずは、でこぼこになる前に処置を行うことが大切です。


ニキビ跡の原因と段階 まとめ

いかがでしたでしょうか?ニキビには0期から4期の段階があり、ニキビ跡にも重症と軽症の段階があります。


一番大切なことはニキビを早くみつけ、適切なケアを行うこと。


ニキビ跡が残ってしまうとケアも大変になり、治るまでの期間も長くなっていきます。
自分のニキビが今どの状態なのかをしっかりと見極め、適切なケアを行ってくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です