ニキビのはじまりの治し方は?正しい対処法を公開!

ニキビのはじまりの治し方と対処

「ん?肌が少しざらざらしてる。大丈夫かな?」


なんだかいつもお肌の調子が違う。そんな経験はありませんか?女性の方は毎日自分の肌と向き合っているはず、少しの違いも気になってしまいますよね。


もしかしたらそれはニキビのはじまりである第1期かもしれません。ニキビのはじまりはなかなか気づきにくいもの、しかしこの時期な適切なケアで第2期、第3期への悪化を防ぐことにつながります。


今回は第1期であるニキビのはじまりについてお伝えします。

ニキビの始まりは毛穴を防いでしまうこと

ニキビのはじまりである第1期では少し肌がざらざらしてきて、やがてポツンとした膨らみができます。
これが第1期のニキビ。やがて白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビへと発展しニキビ跡として長い間悩まされるもととなる最初の兆候です。


そのとき、私たちの肌がどうなっているかご存知です


実は肌の表面は角質層という死んだ細胞が覆っているのです。この角質層は28日周期で剥がれて、新しい角質と入れ替わります。


しかし、さまざまな要因でこの角質が入れ替わるときに毛のうへ溜まり、毛のうを狭くしてしまう場合があるのです。


すると、ホコリや肌の垢、ファンデーションの洗い残しと角質が毛穴につまり、ニキビを発症します。
これが第一期となるニキビのはじまりです。
ではどのようなことに気をつけて第一期のニキビに対処すればよいのでしょうか?…

第1期のニキビは「清潔」が決め手

ニキビのはじまりである第1期は人間でいったら赤ちゃんのようなものであり、皮脂がまだ空気に触れておらず悪化を防げる状態にあります。

皮脂がばい菌に感染することからニキビは悪化し、白ニキビになってしまいます。いかにニキビをばい菌から守るのが重要になってきます。


この時期にニキビを治してしまえば、肌への影響は小さくニキビ跡が残る心配はありません。ではどのような対応が効果的なのでしょうか?


その答えは清潔感です。具体的にどのように清潔を保つのかをお伝えします。

正しい洗顔が効果的

清潔感を保つことで悪化を防ぐことができる第1期のニキビ。清潔感を保つのに大きな効果を与えるのが「洗顔」です。


正しい洗顔方法で肌をプルンプルンに清潔に保つことで、小さなふくらみはどんどん小さくなりいつのまにかなくなってしまいますよ!

第1期のニキビ まとめ

第1期のニキビはその後のニキビ跡のはじまり。この時期に正しい洗顔を行い、しつこくケアを続けることで悪化を防ぎます。


間違っても放っておいたり、むりやり指でつまんで出したりしないでくださいね!根気よくケアすればニキビは治ります。


元のスベスベな肌をゲットして楽しい毎日を送りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です