おでこニキビができる心理は?原因と予防法

おでこニキビができる心理と予防法

えっ!?またニキビがおでこにできてる!

おでこのニキビについて、そんな経験はありませんか?おでこにプツプツとしたニキビ。何度も何度も繰り返しできることから「しつこいニキビ」として知られています。

なかには、「他の場所にはできないのだけれど、おでこにだけできてしまう…」といった悩みを持つ方もいます。

なぜおでこニキビはできるのか?そしてなぜ繰り返してしまうのか?

今回はおでこニキビができる心の原因と予防方法についてお伝えします。

おでこニキビは「親」が関係している

おでこニキビができる背景には、「親」が関係していると言われています。どのような親との関係がおでこニキビにつながるのかをまとめました。

<おでこニキビと親の関係>

・親に遠慮してしまっている。

・親に頼りすぎてしまう

・親とのから独立したい。

親に対してこのように思っている方は要注意!親のことを思うとおでこにぷつぷつとニキビができてしまいます。

人は育ててもらった親に対してはさまざまな感情がありますよね。愛情はもちろんのこと、遠慮してしてしまっている方や、迷惑をかけたくなくて自立を目指している方。そういった感情がおでこニキビの発症を招きます。

でも、親への感情がニキビにつながるというのは、ひま一つピンときませんよね。

ひとつ例を出します。


思春期の長い前髪は親への反抗

思春期は別名反抗期とも言われています。何かと親にがみがみ言われると、「うるさい!」と心を閉ざしてしまいがちです。

「もう放っておいて!」

そんなことを思いがちです。もっとひどくなると

「私のことを見ないで!」

と親からの視線に対して過度に意識してしまうかもしれません。そんな時親から自分を守るのが「前髪」です。

前髪を伸ばすことで親からの視線を少しでもシャットアウトし、自分を守ろうとする。髪についた汚れが毛穴から入り、おでこにプツプツとニキビができてしまいます。

ではなぜおでこニキビは繰り返しできてしまうのでしょうか?それは人間の体と関係があるのです。

甲状線が記憶し、ニキビを繰り返す

まず、ホルモンバランスの異常はニキビの発症につながります。

親との関係に影響があると、体にストレスがくわわります。ストレスはのどの甲状線という機能に影響。ホルモンの異常につながります。

甲状線は、筋肉や骨を成長させる「成長ホルモン」としても機能することから、体が覚えてしまうのです。このことから親と会うと甲状線が刺激され、おでこニキビの発症につながります。大人になっても記憶が消えず、地元への帰省の際に、親と再会する度にニキビを発症する「大人ニキビ」にもつながる可能性があります。

ではどのようにすれば、発症を抑えることができるのでしょうか?親との関係の見直しが発症を抑える

親との関係の見直しが発症を抑える

おでこニキビ発症を抑えるためには、親とのスムーズなコミュニケーションが大切です。いくつか例を出します。

<親とのコミュニケーション>

・甘えすぎている人は距離をおく

・遠慮している人は甘えてみる

・「ありがとう」など声に出してみる

現在の親との関係に少しでもストレスを抱えている人は、一度見直してみるといいかもしれません。特に思春期の方は「大人ニキビ」につながる可能性があるので意識してみてくださいね!


おでこニキビの心理 まとめ

今回は、なんども繰り返すしつこいおでこニキビができる心の原因と予防方法についてお伝えしました。

<おでこニキビの心理 まとめ>

・親との関係がおでこニキビにつながる

・甲状腺の刺激で繰り返し発症する

・親との関係を見直して発症を抑える

親との関係は奥深いもの。はじめの一歩が踏み出しにくいかもしれませんが、頑張ってチャレンジしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です