便秘はニキビに悪い?便秘の影響と予防方法を解説!

ニキビと便秘の関係と予防法

「ん?なんだかおなかに違和感が!」

皆様は便秘に悩まされていませんか?

女性の方などは特に便秘になりやすく、お腹に便がたまった状態でスッキリしないし、体調も崩しがちですよね。

便秘は体のことを調べていると必ずつきあたる問題であり、悩まされている方も多いと思います。

そんな便秘はニキビにどのような影響があるのでしょうか?今回は便秘とニキビの関係、そして便秘の解消方法をお伝えします。

便秘になると皮脂の量が増える!

まず、私たちは食べ物を食べると消化吸収されていき、必要なものは吸収され、いらないものは排泄されます。

では、「いらないもの」は、どのようにして排泄するのでしょうか?大きく分けて2つの出口があります。

<食べ物の出口>

・皮脂

・便

体に取り入れたいらないものは皮脂として出すか、または便として排泄します。もし、便秘で便が止まっていたらどうなると思いますか?

便秘で排泄しきれなかった不要なものを皮脂で分泌しようとするのです。

便秘になると、老廃物や刺激物が腸のなかでとどまり、腐敗や酸化がはじまります。本来便として排泄するはずの有害刺激物質が腸の中でとどまり、濃度が高くなると体の中に取り込んでしまうのです。

体の中に取り込まれた栄養が皮脂線から出て、皮脂の過剰分泌が開始。すると皮脂線が詰まりニキビを発症するのです。

つまり、便としてでるはずの栄養を皮脂として出してしまい、ニキビの発症につながるのです。人の体ってよくできていますね。

便秘になるとニキビを発症する。つまり、便秘の解消がニキビを治すことにつながると言われています。ではどのようにして便秘を解消すれば良いのでしょうか?いくつか方法をご紹介します。

4つの便秘解消法

ニキビの原因となる便秘。さまざまな解消方法がありますが、この記事では基本的な4つの方法をお伝えします。

<便秘解消法>

・食物繊維の多い食品を摂る

・水をたくさん飲む

・トイレに座るを習慣にする

・腸をマッサージする

では、一つひとつお伝えします♪

便秘解消法① 食物繊維の多い食品を摂る

もしかして、お肉や揚げ物などのメニューを多く食べていませんか?

一人暮らしの方などは外食が基本になってしまい、野菜を摂る機会が少なくなってしまいますよね。

ですが、食物繊維の多い野菜などの食品は便秘の解消に繋がります。是非多めに摂ってみてくださいね。

<食物繊維の多い食品例>

【穀類】

玄米、胚芽米、麦めし、とうもろこし

【豆類】

煮豆、納豆、おから

【イモ類】

さつまいも、里いも、こんにゃく

【野菜】

ごぼう、ふき、セロリ、アスパラガス、青菜類、キャベツ、白菜

ほか果物、きのこ類、海藻類など便秘に効果のある食品はたくさんあります。是非食事に取りいれてみてくださいね。

便秘解消法② 水をたくさん飲む

水をたくさん飲むことも便秘の解消につながると言われています。固まってしまった便を水で柔らかくし、排泄を促す効果があると言われています。

ほかにも朝、コップ二杯の白湯を飲むなど水分は便秘にとって効果があります。是非試してみてくださいね。

便秘解消法③ 「トイレに座る」を習慣にする

便秘の時は、便がでる気配がなくてついついトイレから足が遠のいてしまいます。しかし、便器に座ることを習慣化するだけで便秘解消に効果があると言われています。

もし、便が出る気がしなくても、朝・昼・晩と決まった時間に1~2分トイレに座るなど「排便の習慣化」を図ってみてくださいね。

便秘解消法④ 腸をマッサージする

便秘が続くときは定期的に「腸もみ」をすると良いと言われています腸をほぐすことで刺激し、排便を促すのです。間違った方法でやると逆に体調が悪くなったりしますので、気をつけてくださいね。

まとめ

便秘とニキビの関係、そして便秘の解消法をお伝えしました。

便秘はニキビ以外にも体にさまざまな悪影響を及ぼします。基本的な4つの便秘解消法を知り、ニキビを予防。すべすべな肌と楽しい毎日を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です